空の下の東京ディズニーリゾート

MENU/IKSPIARI/FOOD SELECTION

FOOD SELECTIONはイクスピアリ1Fで期間限定店舗が入るブースです。定期的に面白いお店が入るのが面白いし、お店によっては何度も再登場するので楽しみにすることも。ここで何かを掴んで常設店舗を持つにいたるケースも。

2022/1

高級芋菓子しみず

しみずの和スイートポテト

  • 価格:レギュラー4個入り 1500円

紅はるか、さつま金時、綾紫、シルクスイートと4種の和スイートポテトがセットになったパッケージ商品です。サツマイモにもいろいろあって、品種によって楽しみ方がいろいろある、というのが実際に食べ比べるとはっきりわかります。綾紫なんかは見た目ですぐわかりますが、ホクホク系のお芋で、さつま金時も同じ系統かな。シルクスイートと紅はるかはしっとりねっとり系で甘さが濃くなってきます。あとは繊維感とかで食感が変わってくるかな。直接関係ないですが、これに合わせる飲み物は何がいいのか論争が巻き起こりました。和ならお茶?紅茶もよし?ミルクっぽいものも使えそう。

お芋のカップパフェ

  • 価格:650円

お芋のチップスやいろんなカラーの芋餡に彩られたカップデザートです。芋にここまで表現力があったとは!?生クリートとパフをはさんで、下層も芋のムースやらプリンやら、完璧パルフェ芋パフェでした。

しみずの熟成大学芋

  • 価格:650円

焼き芋を高温でさっと揚げて、蜜を絡めたとある大学ポテト。ねっとりしているのはお芋のポテンシャルか。ってことは安納芋かな。大学芋の名前の由来って諸説あるらしいですね。やっぱ大学が多い東京発なんでしょうか?

しみずの芋プリン

  • 価格:各1個 540円 4個詰め合わせ 2000円
  • 種類:
    • 安納芋
    • 安納芋×綾紫

コントラストが弱いので見落としそうになりますが、プリンが二層になって瓶詰めされています。上層が皮ごと焼き芋パウダーで栄養たっぷり風味豊からしい。下層は果肉だけでクリーミーな食感、アクセントにリンゴの蜜煮もプラスされています。安納芋の知名度が大分上がっていますよね。やわらかトロトロで甘い感じがプリンにも継承されています。そしてポリフェノールと食物繊維の多い綾紫との合わせ技の紫色バージョンも用意されてました。

2021/12

浅草梅園

ミニわらび餅

  • 価格:486円

昔なじみの梅園さんが入っていたので何か買って帰ろうとしたら、タイミングが悪かったのか店頭在庫がかなりなくなっていて選択肢がこれかあんみつしかありませんでした。「明日入荷あります」と教えていただいたものの、せっかくだからわらび餅を買って帰りました。もちがつるんと甘くていい塩梅でした。

あんみつ

  • 価格:540円

寅・こしあん

  • 価格:648円
  • 寅年限定

ことら

  • 価格:3本詰合せ 1944円

2021/10

比沙家

ぎゅうひ&メレンゲ モンブラン

  • 価格:600円

マロンペーストの中は下からメレンゲ層、ぎゅうひ層、生クリームが重なっています。特筆すべきはやっぱりぎゅうひの存在ですね。もちもち食感がモンブランには初めてで楽しめました。

栗大福

  • 価格:450円

白あんに蓋をするように大きい栗がのっかっていて、栗を食べた感が強く残る大福でした。ホイップクリームも中に入ってます。

京やきぐり

  • 価格:130g 540円 300g 1080円 650g 2160円 1000g 3240円

今回、購入しなかったのですが、比沙家ファンと思われる人が大量にやきぐりを詰めてもらっていたのをみて、通はやきぐりをモリモリたべるのか!?って思いました。機会があったらマネしたい。

マロンデニッシュ

  • 価格:ハーフサイズ 864円 1斤サイズ 1620円

焼まろん

  • 価格:50g 250円 ファミリーパック 40g×4袋 540円

栗のダックワーズ

  • 価格:216円 5個入り 1000円

あんまりダックワーズって手に取ったことがなかったのですが、サクサクしておいしいですね。アーモンド風味のメレンゲ挟み込むフランスのお菓子なんですね。中は栗のクリームです。

2021/6

OIMO

マスカルポーネシュー

  • 価格:330円

パイシューに安納芋マスカルポーネと安納芋カスタードがつまった食べ物。安納芋が丁度良い甘さで、マスカルポーネチーズ部とカスタード部の重ね合わせが楽しみ方を膨らませて売れます。出店期間が長めなので、また食べにいけそうかな。

生スイートポテト

  • 価格:1個 325円 4個ボックス 1300円 6個ボックス 1950円 10個ボックス 3250円
  • フレーバー
    • プレーン
    • 紅いも
    • カカオ
    • 抹茶
    • 瀬戸内レモン
    • ミルクティー

焼かない生スイートポテトという触れ込みでクリーミーさを前面に押し出した商品。そこにパイ生地が敷いてあって、お芋と一緒にパリパリ食べます。今回フレーバーが6種展開されていて、4個ボックスでいこうとなったのですが、どれを落とすか悩みましたよ。プレーンと紅いもは基本として抑えなきゃならないような気がして、夏だから瀬戸内レモンも入れて、変化球としてミルクティーを忍ばせてみた次第です。基本の二つは安定したおいしさです。白い粉も振りかけられて、別格って感じか。レモンは予想よりもはっきりした酸味があって、口の中がさっぱりしました。ミルクティーは口に入れて紅茶がちょっと香ってくるという印象ですかね。

牛乳食パン専門店 みるく

シュガーラスク

  • 価格:250円

みるく生ラスク

  • 価格:250円

牛乳屋さんのみるくプリン

  • 価格:380円

牛乳屋さんのなめらかプリン

  • 価格:380円

多分、食パンが一押しされていたんですが、プリンを買ってきました。なめらかプリンの方はタマゴの味がするおいしいプリンでした。牛乳屋さんの製品としては白いみるくプリンにより期待が集まってしまいますね。ミルクがたくさん使われていて、プリンとヨーグルトの合いの子みたいな味わいになってますね。朝食にデザートを付けるならこんなのもありですかね。あ~、それで食パンもここで合わせ買いしておくとよかったのか!朝食を抜きがちなので、そこまで頭が回らなかったなぁ。

プリン用箱

  • 価格:4個入り100円 8個入り100円

東京みるく食パン

  • 価格:900円

牛乳屋さんのおいしい食パン

  • 価格:700円

2021/5

Fat Witch Bakery

COLORS カラーズ

  • 価格:1344円

BASICS ベーシック

  • 価格:1344円

HAPPY ハッピー

  • 価格:2916円

The Witches ザ ウィッチーズ

  • 価格:3888円

ブラウニー単品

  • 価格:1個 378円 6個 2138円 9個 3204円
  • 6個は箱の色を選べる
  • フレーバー
    • カカオ
    • ストロベリー
    • チョコバナナ
    • アールグレイ
    • ミルクキャラメル
    • さくら
    • ダブルチョコレート
    • ウォルナッツ
    • スノー
    • ファットウィッチ
    • 抹茶
    • 黒糖
    • ほうじ茶
    • きな粉
    • はちみつ

箱がもらえるように6種選んで購入しました。ちなみに箱の色は緑です。魔女と緑で少し不気味な感じを加えてみましたが、魔女があどけない顔をしているので不気味にはならなかったかも。フレーバーには「○○ベイビー」みたいな名前がついてて、ファットウィッチベイビー、カカオベイビー、ウォルナッツベイビー、黒糖ベイビー、きな粉ベイビー、ほうじ茶ベイビーと好きそうな味をチョイスしてみました。僕の思っていたブラウニーとはちょっと食感が違っていて、もっと柔らかい何かでした。そんなにブラウニーを食べてきているわけではないので正解がわかんないですが、これはこれで口の中でほどけるようでアリです。フレーバーは強すぎない感じで、プレーン味にちょっと味変を加えた感じかな。スノーとかアールグレイも買っておけば、絵的に変化があって面白かったかも、って後で思いました。おすすめの味は結論が出せなかったんですが、一個ぐらい和テイストを混ぜておくと面白そうです。

ブラウニー&パイ 詰め合わせセット

  • 価格:2268円

冷凍バッグ

  • 価格:550円

ファットウィッチ バブカ

  • 価格:1296円

ブラウニーパイ

  • 価格:6本 1426円

ブラウニー ウィッチップス

  • 価格:491円

エコバッグ

  • 価格:1100円

2021/4

Tarte Week

焼タルト(ピース売り)

  • シトロン(レモン) 430円
  • バレンシア(オレンジ) 420円
  • ショコラ(チョコレート) 440円
  • アルデッシュ(マロン) 450円
  • ペッシュ(ピーチ) 420円
  • ポワール(洋なし) 430円
  • ノルマンディ(リンゴ) 430円
  • アメリ(クレームブリュレ) 420円
  • フロマージュ(チーズ) 420円

焼タルトは見た目もかわいくて全部ほしかったけど、とりあえず自分の好みからいくつか買ってみました。一切れずつ買ってきたんですが隣に並べるとすごくお皿が映えました。Webサイトとか宣材写真なんかでも当然のようにいろんな味を配置したきれいなホールのタルトをみせつけてくるんですが、その時点で消費者の負けですね。購買意欲をそそられました。お味もすっきりした甘さでリピートを考えたい感じ。バレンシアとかシトロンみたいな柑橘系が一切れあると全体的な満足度が上がる気がするのでおすすめしておきたいです。

タルトアメリ

  • 価格:1490円

タルトタタン

  • 価格:1650円

グレープフルーツとオレンジの焼タルト

  • 価格:1390円

焼きモンブラン

  • 価格:290円

抹茶焼きモンブラン

  • 価格:310円

焼きモンブランはまったり濃厚なお味でした。抹茶の方は抹茶より餡子の方が和テイストを醸し出していた印象です。二つ並ぶと落ち着いた色合いがよいです。抹茶の緑がきれいなのかな。

プチガトー(フロマージュ)

  • 価格:240円

2021/3

THE BAUM

チーズ イン ザ バウム

  • 価格:300円

チーズ イン ザ バウム ショコラ

  • 価格:320円

チーズ イン ザ バウム ストロベリーフロマージュ

  • 価格:320円

お試し3個セット

  • 価格:900円
  • お土産BOX入り

3個セットでチーズ イン ザ バウムを買ってきました。ノーマルなやつとショコラ味とアールグレイ味にしましたよ。もう一つ、店頭にはストロベリー味もありました。「チーズインバウム」と表記のゆれが散見されるので、正規の商品名と違ったらすいません。紅茶の奴は風味と香りを楽しむ感じかな。一つ選べと言われたら、すっきりいきたいかこってりいきたいかで、ノーマル版とショコラ版で悩みそうです。周りの生地はサクサクしているけど、バウムクーヘンなんですよね。不思議。チーズケーキの仲間でもあり、バウムクーヘンでもある・・のか?

お試し4個セット

  • 価格:1335円
  • お土産BOX入り

いちびこ

いちびこミルク

  • 価格:810円

季節のスムージー いちご&いちご

  • 価格:810円

季節のスムージー いちごのティラミス

  • 価格:864円

いちごのショートケーキ

  • 価格:702円

いちごのタルト

  • 価格:756円

とっておきバターサンド

  • 価格:4個入り 1080円 8個入り 2160円

いちごの切片が混ざったバターサンドです。いちびこはイチゴ推しの商品がメインのようですね、名前通り。鳥獣戯画のウサギのイラストもかわいらしい。長い会計列ができていて、みんなその場で飲めるスムージーとかいちごミルクを頼んでいた印象でした。手を出すべきだったか・・・。

とっておきフィナンシェ

  • 価格:8個入り 1728円

ミガキイチゴバター

  • 価格:1058円

いちごのモンブランタルト

  • 価格:702円

いちごの酸味とピンク色が加味されたアイテム。頂点に乗ったいちごがポイント。

いちごのプリン

  • 価格:432円

ジャムみたいないちごがプリンにかけられています。一緒に口に入れると、プリンの新しい食べ方としてこの形態はありだなって思いました。(いちご以外でもおもしろいかも)あとシンプルにいちご自体がおいしいのがいいですね。

いちごサンド

  • 価格:486円

2021/1

船橋屋

くず餅

  • 価格:小箱 790円

桔梗屋に続いて、蜜・きな粉系のお菓子のくず餅のお店がきました。葛の実体がイマイチ掴めてなかったのですが、マメ科のツルの長い植物だそうです。塊根からでんぷん質を抽出して作った葛粉を使ったのがくず餅のお餅部分とのことです。他にあんみつ、豆寒天、ところてんなんかも売ってましたが、とりあえずベーシックにくず餅を買って帰りました。適量がわかんなくて1~1.5人前とあった小箱を買ったのですが、食べきりサイズのカップくず餅でよかったのかも。二人で小箱を一度に食べるにはボリュームがすごかった。そんなにくず餅と触れ合ってこなかったので、他のお店と比べた評価はできないんですが、他のお客さんが「ここ(船橋屋)のじゃないとダメなのよ~」って店員さんと話し込んでいたので、買えてラッキーだったのかもしれません。

桔梗屋

桔梗信玄棒

なくややしっとり。黒蜜が入っているのはよくわかります。

  • 価格:10個入り 540円

後日、気になっていたかりんとうを買いに行ったら売り切れていました。悲しみ。せっかくなので買って帰ったのは信玄棒。こういうお菓子の存在は知っているのですが、呼び名がわかりません。棒・・・でいいの?見た目よりも柔らかく、サクサクでは

桔梗信玄餅万寿

  • 価格:4個入り 500円

こちらはお饅頭展開で万寿ということか。中に信玄餅が入っている感じ。応用力高いぞ!信玄餅!

桔梗信玄餅最中

  • 価格:3個入り 425円

信玄餅と黒蜜配合餡が詰まったモナカで、上からきな粉もかかっています。これはわかりやすい出来上がり。お茶うけによさそう。

桔梗信玄餅生ロール

  • 価格:ひとつ 220円

外にきな粉、中に黒蜜ジャムを挟んだロールケーキ。真ん中のたっぷり生クリームには信玄餅のおもちが潜んでいます。売り場の感じからしてこの商品が一押しだったんじゃないかと思いましたし、狙いは悪くないんじゃないでしょうか。わかりやすく信玄餅を今のロールケーキに化かして、広い世代に訴求力がありそうです。食べておくのがよさそうな一品でした。

桔梗信玄プリン

  • 価格:4個入り 985円

カラメルではなく黒蜜をかけていただく生クリームときな粉を使ったプリンです。黒蜜+きな粉=桔梗信玄、という方程式があるんですかね。2015年のお土産グランプリを受賞したそうです。餅とプリンで選択肢があるのはいいですよね。お土産にするならどっちかというと悩んじゃうかな。知名度はやはり餅なのかな?

桔梗信玄餅

  • 価格:2個入り 365円

昭和43年から愛されている山梨の有名なお土産です。信玄公の名前を冠していますね。過去にも食べたことはあるんですが、きなこを飛ばさずに食べられたことがないんですよね。みんなどうやって食べてるんだろ?きなこと黒蜜のコンビネーションの扱いに長けているのは、このお菓子ありきですよね、きっと。

アーカイブ

35.63568807603034139.8842985928058611

Last-Modified